サルサ ダンスの総合ポータル

SalsaFavor

チャチャ メレンゲ キゾンバ レゲトンについて

チャチャ

チャチャは本物のキューバ音楽に合わせて踊られますが、社交競技ではしばしばラテンポップやラテンロックに合わせて踊られます。
国際ボールルームのチャチャの音楽はエネルギッシュで、安定したビートです。
音楽には複雑なポリリズムが含まれる場合があります。

チャチャダンスビデオ チャチャチャダンスのスタイルは、リズミカルな構造のシャッセの場所によって異なる場合があります。
元のキューバとボールルームのチャチャの数は、「1、2、3、cha-cha」、または「1、2、3、4、cha」です。
上記の「ストリートバージョン」は、ソーシャルダンサーは「1、2、cha-cha-cha」をカウントするため、ダンスのタイミングを音楽の1拍分ずらします。
サルサとして知られるダンスは、マンボの同様のタイミングシフトの結果であることに注意してください。

キゾンバ

2018年以降はサルサ・バチャータのように一般的なダンスになってきています。
サルサクラブでもたまに流れるようになっています。
今はかなり年配の方が多いようです。

公民館や公的な場所ではあまり聞くことが少ないです。

センバは1950年代にアンゴラで踊られました。
1990年代、実際のキゾンバ音楽がますます人気を博したとき、
アンゴラのセンバダンサーは、キゾンバのビートのテンポとフレーバーに従ってセンバのステップを調整し始めました。

キゾンバダンスは、タラキシンハやアーバンキズなどの多くのスタイルが由来するカップルダンスです。

メレンゲ

ドミニカ音楽とダンスのスタイルです。パートナーはお互いを閉じた状態に保ちます。
リーダーはフォロワーの右手でフォロワーの腰を持ち、フォロワーの目の高さでフォロワーの右手をリーダーの左手で持ちます。
パートナーは膝をわずかに左右に曲げ、腰を左右に動かします。
リーダーとフォロワーのヒップは、曲全体を通して同じ方向に動きます。
パートナーは、横に歩いたり、小さなステップで互いを旋回したりできます。
彼らは、開いた位置に切り替えて、お互いの手を離したり、片手を離したりすることなく、
別々のターンを行うことができます。これらのターン中に、彼らは手を握って複雑なプレッツェルに結びつけるかもしれません。
他の振り付けも可能です。 メレンゲリズム。[2] 音楽のテンポは熱狂的かもしれませんが、
上半身は壮大に保たれターンは遅く、通常は完全なターンごとに4拍/ステップです。

サルサクラブでたまに流れることがあります。
どちらかというとクラブでメインでかかる陽気な曲です。

レゲトン

このダンスを説明するもう1つの方法は「背中合わせ」で、女性が性的刺激を作り出すためにパートナーの骨盤に背中を押し付けます。
伝統的なカップルダンスはスクエアダンスやワルツなどの対面式であるため、
レゲトンダンスは当初、官能性で観察者に衝撃を与えましたが、いくつかのミュージックビデオで紹介されました。
アメリカではグラインド、ジュークとして知られています。

エルカフェラティーノの夜中によく流れますが、基本的に公民館とかで流れたのは聴いたことがないです。