サルサ ダンスの総合ポータル

SalsaFavor

サルサ ダンス とは

概要 サルサ (Salsa) は1960年代後半にニューヨークのプエルトリコ移民が中心になり作られたペアダンスです。
サルサの音楽に合わせて二人で踊ります。サルサは男性が全ての動きを決める腰を使ったラテンダンスで、 男女がペアで踊るダンスの中ではスピードも速いのが特徴です。

押さえておきたいサルサダンスの種類・ダンススタイルとは

サルサダンスはその踊りに自由性を持ちながら発展してきたので、
地域や音楽の捉え方等の違いによってさまざまなサルサダンスのスタイル(種類)が存在します。

スタイル(種類)は言葉で言うと「方言」みたいなものでしょうか?
例えば東京の人と大阪の人が言葉のスタイル(方言)に関係なく
楽しく会話が出来るように、サルサダンスのスタイル(種類)が違っていてもお互いの気持ちが通じていれば、
気持ちよくサルサを踊ることが出来ます。

今回は日本で主に踊られているサルサをLAスタイル、NYスタイルキューバンスタイルの3種類紹介します。 他にもアフロラテンスタイルやコロンビアのカリスタイルがあります。

サルサ ON1 (LAスタイル)

サルサの 基本ステップ 8拍のカウントの中で1と5にブレイクを入れるステップで踊ります。 最も有名なダンスの種類ではないでしょうか

90年代 LAスタイル (ON1)の特徴としては華やかな動きやスタイリング等、ステージショー的な要素を多く含んだダンスである。

サルサ ON1 と言われることがあり馴染みがある人も多いかもしれません 動きが比較的大きくダイナミックに踊ることがあるので人気のある踊りです。

他のサルサスタイルやキューバンムーブメントだけでなく、
タンゴ、レゲトン、ヒップホップ、スウィング、ミュージカル等
あらゆるダンスのエッセンスをとりいれつつ、常に挑戦と進化しつづけている。

ビートがわかりやすいので初心者の方はまずこのスタイルから始めることをお勧めします。 官能性、演劇性、アクロバットに重点を置いています。リフト、スタント、エアリアル今日のサルサショーの作品は、 ラテンボールルームとバレエリフトを起源とするLAスタイルのフォームからほとんど派生しています。

このダンスの2つの重要な要素は、前後基本 ステップとクロスボディリードです。 リーダーは1で前進し、2-3で右に歩きながら、反時計回りに90度(左に向かって)回転し、スロットを開いたままにします。 その後、フォロワーは5-6をまっすぐに進み、7-8をオンにします。リーダーは反時計回りにさらに90度少し前に進みスロットに戻ります。

サルサ ON2(NYスタイル)

2つ目のサルサダンスの種類である NYスタイルは「NewYork Style」もしくは「Night Club Style」とも呼ばれる。
1950年代のMambo(マンボ)全盛期にNYのナイトクラブで流行したダンスをベースに発展したスタイル

2020年現在では人気が高く上手な人が多いのが特徴です。

ニューヨークスタイルは、楕円形または床の上で「8の字」で踊られ、ほとんどの場合パートナーは互いに向き合っています。 他のスタイルのサルサとは異なり、ニューヨークスタイルは音楽の2拍目「on 2」で踊られ、リーダーではなくフォロワーが音楽の最初の小節を踏み出します。

ニューヨークスタイルのエチケットは、狭いダンススペースにとどまり、多くのスピン、ターン、スタイリングのあるサンドボックスエリアでのダンスを避けて踊ります。 ダンサーが自分自身を分離し、しばらくの間複雑なフットワークとスタイリングでソロで踊る「シャイン」を実行することにより大きな重点が置かれています。

最初の小節の最初のビートでフォロワーを前進させ、次に方向を変えるために2番目のビートでさらに一歩前進したことで知られているステップ。 ニューヨークのサルサには、音楽とダンスのジャンルとして2つの明確な発展があります。

ニューヨークスタイルのサルサは、コンガ、ティンバル、クラーベなどのサルサ音楽の打楽器との調和を強調しています。 これらの楽器の多くまたはすべてはしばしば音楽の2番目のビート(On2)をマークするためです。

キューバンスタイル(キューバンサルサ)(Cuban Salsa)

3つ目のサルサの種類であるキューバンサルサは プエルトリコの移民がニューヨークで作成し、逆輸入でキューバに入ってきてオリジナルの踊りに発展しました。

元々、キューバではDancing Casino(ダンシング カジノ)として知られるポピュラーダンスがキューバスタイルのサルサまたはサルサクバナとして海外で販売され、
1970年代に名前が普及したときに他のサルサスタイルと区別されました。Dancing Casinoは人気のある社会文化の表現です。
多くのキューバ人は、カジノをポピュラー音楽を中心とした社会的および文化的活動の一部と考えています。
カジノという名前の起源は、1950年代半ば以降に、より裕福で白いキューバ人の間で多くの社交ダンスが行われたダンスホールであるカジノデポルティーボです。

歴史的にカジノは、キューバマンボ、キューバチャチャチャ、ルンバグアグアンコ、北米ジャイブから採用されたパートナーフィギュアとターンと融合した、
ソン(Son Cubano)のパートナーダンスとしての起源をたどっています。

後続のサルサの形態とは異なり、各クラーベパターンの1拍目と5拍目でステップが取られず、
4拍目と8拍目が強調されることを意味します。このようにして、ダンサー自身がビートをたどるのではなく、
音楽の多リズムパターンに彼らの動きに貢献します。

キューバン サルサはマイアミスタイルと呼ばれるダンスやルエダと言われる踊り方もあります。 これはキューバンサルサと言うかDansing Casinoと言うべきか