サルサ ダンスの総合ポータル

SalsaFavor

バチャータ

概要 バチャータは、カリブ海のドミニカ共和国の社交ダンスの一つです。
基本的なダンスシーケンスは、3つのステップと、タップまたはさまざまな形式のステップシンコペーション(「ダブルステップ」など)で構成される、
正方形内を移動するフル8カウントで実行されます。[1] [2]タップは最後のステップの反対側の足で行われ、次のステップはタップと同じ足で行われます。
タップまたは4番目のステップの後、ダンスの方向が変わる場合があります。

1990年代後半から西洋世界のダンサーは、バチャータ音楽に触発された斬新なダンス形式の作成を開始しました。
これの最もよく知られた例は、「サイドトゥサイドステップ」と一般に呼ばれる基本的なステップであり、
タップ中に誇張されたヒップの「ポップ」を伴うことがあります。

Bachataは、基本的なダンスシーケンスを任意のビートで踊ることができます。

バチャータ種類

モダン / モダーナ

モダンまたはモダーナと呼ばれるダンスは、「西洋の伝統的な」基本的な要素に基づいて2005年頃から開発されました。

基本は「西洋の伝統的な」ダンスと同じですが、サルサ、タンゴ、ボールルームのダンス要素とスタイリングが追加されています。

このダンスでは、カップルは通常胴体をより大きく動かし、ヒップポップ(特に女性)を大きく誇張します。
モダン/モダーナダンスに最も直接的な影響を与えるのは、サルサのターンパターンの採用です。

これらは、ディップと共にダンスのメインになりました。

センシュアルバチャータ

サルサクラブへ行くと必ず流れる曲です。
サルサとは違い踊り方は変わります。

サルサ クラブへ行ったら踊ることになるので
サルサとバチャータは踊れるようにしたほうがいいです。

また、最近ではバチャータだけのイベントというのがあり、
バチャータしか流れないイベントもあります。

現代およびブラジルのズークダンスに触発された独自のダンススタイルで リーダーがフォロワーの体をどのようにして音楽を感じリーディングとフォローの厳格な原則を備えた斬新な独立したダンス形式がある ほとんどが円形の動きと身体の波であるが、ダンサーが音楽を求めていると感じておどる。

バチャータはそれだけサルサと同じぐらいメジャーになってきた感はあります。

サルサを踊りたい目的で行ってしまうと残念な結果になります。

バチャタンゴ

西部のフュージョンダンスで、西部の「伝統的な」ステップから取られた短いシーケンスがさまざまなタンゴステップと組み合わされ、タンゴのように踊ります。

「ポップ」カウントは、精巧な官能性とさまざまなラテンボールルームダンススタイルを追加するために使用され、タンゴの特徴的なキックも含まれます。

ターンは「西洋の伝統的な」ダンスのようです。過去にはこの踊りはバチャータ音楽専用に踊られていましたが、最近ではタンゴ音楽にも踊られています。

バチャタンゴは、バチャータの原産国であるドミニカ共和国では前代未聞ですが、 カリブ海以外の外国のダンスインストラクターの間で人気のある期間がありましたが今日では、ほとんど見当たりません。